正社員の特許技術者求人

特許技術者求人TOP >> 条件別の特許技術者求人 >> 正社員の特許技術者求人

正社員の特許技術者求人

特許技術者の求人は多数存在しており、派遣や正社員など雇用形態もさまざまです。正社員の場合は、特許技術者の資格を持っていることはもちろん、職種によって必要な能力は異なります。特許翻訳の場合は、大学や大学院を卒業していることは必要な条件であり、高卒のかたは書類選考の段階で落ちるかたがほとんどです。英語の読み書きをマスターしているとともに、韓国語、中国語、ドイツ語などの外国語をマスターしているかたは、面接官のかたの目を引くことができ、会社側が求めている人材と言えます。

電気、物理、化学などを扱っている会社の場合は、理工系の大学や大学院を卒業したかたを優先的に採用しており、学歴が大事となります。また、英語を使う場面もある可能性もあることから、英語をマスターしているかたも求めている人材にあたります。主な仕事内容が国内外の特許出願に関連する文書の作成や補助なので、文章力が必要となり、面接の際も的確に伝えたい情報が書いてあるかどうかをチェックされるので、文書力に自信がかたには難しいお仕事と言えます。

理系の大学を卒業していれば、未経験のかた歓迎の会社も多数存在しており、未経験のかたにもチャンスがあります。多数の応募がある会社もあるので、他の応募者との差別化をはかるには履歴書の書き方は非常に重要となります。ご自身でアピールできるポイントを的確に選び、相手のかたのかたが読みやすい文章構成で書く必要があります。また、大学時代にどのようなことを学んだか、以前おこなっていた職場で見に付けたスキルなどを応募した会社で活かすことのできる部分を抜粋して書くのが望ましいです。また、自己PRの欄を書くことが無いからと言って、空白のまま履歴書を出すかたが稀に存在しますが、厳禁であり、面接官のかたはどんなアピールをしてくるのかを期待しており、間違ったアピールであっても、白紙よりは印象はずっと良いです。

転職をする際に主に活用するのが求人雑誌やハローワークのかたは経済的に負担になるとともに、時間がかかってしまい、転職先探しが捗らないかたもいると思います。転職支援サイトを活用すれば転職先探しがスムーズにおこなうことができ、経済的な負担がなく、時間がないかたでも簡単に活用ができます。また、転職で困ったことがある際は、業界に精通したキャリアコンサルタントに相談することができるので、非常に便利であり、転職者の多数のかたが活用しています。

特許技術者の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 特許技術者求人ガイド【※レアな求人をご紹介!】 All Rights Reserved.