残業が少ない特許技術者求人

特許技術者求人TOP >> 条件別の特許技術者求人 >> 残業が少ない特許技術者求人

残業が少ない特許技術者求人

特許技術者の求人の多くは人材が足りなく、膨大な仕事量があるケースがほとんどですので、残業が少ない求人はあまりないのが現状ですが、特許事務職の場合はあまり残業がなく、仕事が終わってから弁理士などの資格を所得するための時間を取れる職場も多く、特許事務所の仕事の中でも比較的のんびり働くことができます。面接の際に仕事量をセーブして働きたいという旨を伝えれば、希望が通る可能性があります。もちろん、印象が悪くなってしまうこともありますが、最初にきちんと伝えることが大事なので、面接の際はしっかり自分の意見を主張するようにしてください。

特許事務職の仕事内容は作成した書類の特許庁へ提出手続きや弁理士への連絡、クライアントへの報告書類の作成などをおこなっており、通常の事務職と異なる点は、法律に関する専門知識が必要であり、重要期限を管理するので、責任感が要求されるお仕事です。また、特許事務所で扱う案件大きく分けて3つ存在し、国内のクライアントから依頼を受け、日本で特許を所得する案件であり、国内案件と呼ぶかたも多数存在します。

国内のクライアントとのコミュニケーション能力が必要となるので、面接の際は口ごもることは厳禁です。他には外国のクライアントから依頼を受けて外国で所得する案件です。外国のクライアントと接する機会が多いので、語学力があるかたは面接を有利に進めることができます。国内のクライアントから依頼を受けて外国で特許を所得する案件も存在し、外国の特許に関する幅広い知識があるかたが望ましく、専門知識があるかたは採用される可能性は高いです。

特許事務をおこないながら、弁理士の資格を所得しておこなう業務が変わったかたもいるので、特許事務のお仕事をしながらさまざまなことを勉強することができます。勉強のために残業を断っているかたも存在し、他の職種よりも融通がききやすいのが特徴です。

転職支援サイトにはさまざまな求人が載っており、希望する条件を入力するだけで簡単に検索ができますので、転職をしたかたで利用していたかたが多数存在し、実績のあるサイトです。転職に関して不安があるかたは業界に精通したキャリアコンサルタントに相談することができるので、利用しているかたが多く、将来性が職場や能力に見合った職場など 教えてくれるので、転職に関する悩みや疑問を解消できますので、ぜひ、転職支援サイトを利用していただき、よりよい転職先を見つけてください。

特許技術者の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2018 特許技術者求人ガイド【※レアな求人をご紹介!】 All Rights Reserved.