転勤なし(勤務地限定)の特許技術者求人

特許技術者求人TOP >> 条件別の特許技術者求人 >> 転勤なし(勤務地限定)の特許技術者求人

転勤なし(勤務地限定)の特許技術者求人

特許技術者は、資格を持っていても働き口がないというのが現状です。転勤が多いところもあり、安定して働けるようになったと思えば他県へ転勤という事例も少なくないでしょう。では、転勤なし(勤務地限定)の特許技術者求人はあるのでしょうか?

結論からいいますと、あります。勤務地は限定されていますが、転勤がないので同じ場所で腕を磨きたいという方にはピッタリ。また安定して働けるのも『転勤なし』の魅力のひとつです。同じ勤務先でバリバリ活躍したいという方には有り難いでしょう。条件が限られている求人は、自身の希望どおりにはいかない場合もありますが、やはり同じ場所でしっかり働けるのは安心できるでしょう。

特許技術者になりたいと求人を探している方は多く、倍率も高いことから採用に至るまでがとても大変だといわれています。また近年は弁護士試験に合格する者も増えており、より特許技術者の倍率が高くなっています。そのため、単純に『弁理士の資格を持っている』というだけでは採用されにくいのが現状です。これはあくまで弁理士としての特許技術者の場合の話ですが、特許技術者は一度採用されるととてもメリットの大きい職種です。なかでも『高収入を得ることができる』と知られており、比較的高い給料を受け取ることができます。ちなみに、もっとも年収が高いといわれている特許技術者は、外国からの出願を中心に取り扱っているところです。『翻訳に強い事務所』は、高額年収も期待できますし、高収入として求人を募集しているところも少なくありません。ただし英語力も問われますから、弁理士の資格だけでなく、英会話も習得する必要があるでしょう。

ちなみに、特許技術者とは特許事務所の所員や特許翻訳、弁理士などの職種をいいます。さまざまな資格を持っているのが特徴で、たとえば弁理士の資格を持っている特許技術者であれば、出願書類の作成や弁理士業務の補助を行うのが主な仕事になります。弁理士は、仕事量が増えると一人では処理しきれなくなってしまうため、そういった弁理士のサポートをするのが弁理士としての特許技術者の特徴です。特許技術者として弁理士で働く場合、『勤務弁理士』として雇い、先にも述べたように出願書類作成や弁理士業務の補助などを行います。

ひと口に特許技術者の求人といってもさまざまですが、最初に頭に浮かぶのは弁理士や弁護士、司法書士ではないでしょうか。もちろん各職種の資格も必要になります。月収や年収に関してはバラつきがあり、機械系の弁理士でも500〜1200万円程と幅広いでしょう。

特許技術者の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 特許技術者求人ガイド【※レアな求人をご紹介!】 All Rights Reserved.