フレックス勤務の特許技術者求人

特許技術者求人TOP >> 条件別の特許技術者求人 >> フレックス勤務の特許技術者求人

フレックス勤務の特許技術者求人

フレックス勤務を行っている会社は、求人にもきちんと『フレックスタイム制あり』と記載しています。なかには、記載していない会社もありますので、事前にフレックスタイム制について質問しておくと安心です。また、フレックス勤務が可能な会社といっても、場所によってどんな待遇があるかは異なります。先にも述べたように、月毎の標準労働時間を超えると、残業手当相当額として支給される会社もありますので、フレックス勤務があることでどんなメリット・デメリットがあるかも知っておくと助かります。

一般的なメリットは、通勤ラッシュを避けられる、効率的に時間配分を行える、優秀な人材の採用に繋がる、節約対策にもなるなどが挙げられています。

フレックス勤務とは、『フレックスタイム制』のことを指します。この制度は、労使協定に基づいており、始業時刻と終業時刻を自由に決めることができるという制度です。要するに、自身が希望している時間で仕事ができるというものです。たとえば、午前9時から午後5時までの勤務時間だったとしましょう。一般的にほとんどの会社がこのように勤務時間が固定されていますが、フレックス勤務を行っている会社は、個々の労働者によって決まります。この制度を採用している会社は、協定の定める1か月以内は清算期間単位で行われます。そして、1週・1日あたりの規制が解除されるのが特徴です。

『この時間に勤務しなさい』『この時間まで働きなさい』という規制がないため、勤務時間に縛られることなく、自由に働けるのがフレックス勤務の最大の特徴といえます。近年、この制度を設けている会社が増えてきているといいます。それは特許技術者求人でも同様です。特許技術者は弁理士や弁護士、司法書士などが挙げられますが、フレックス勤務を設けていることで、堅い印象の職種も無理なく働くことができます。ただし、フレックス勤務は入社後すぐに導入されるわけではありません。そのため、なかには数年〜5年程度実務経験を経た後、ようやくフレックス勤務となる会社も存在します。それまでは、固定された勤務時間のとおりに出社・退社することになりますので、各特許技術者求人の条件にしっかり目を通してから応募しましょう。ちなみに、某弁護士事務所では、数年間の実務経験を経た後、フレックスタイム制が導入されます。コアタイムが11時〜15時となり、月毎の標準労働時間を超えると、その分が残業手相当額として支給されるというメリットもあります。こういった特許技術者なら、働きやすいと感じる方も多いでしょう。

特許技術者の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 特許技術者求人ガイド【※レアな求人をご紹介!】 All Rights Reserved.