学歴不問の特許技術者求人

特許技術者求人TOP >> 条件別の特許技術者求人 >> 学歴不問の特許技術者求人

学歴不問の特許技術者求人

特許技術者の職種のほとんどが学歴を重視しており、大学や大学院を卒業していないと書類選考で落ちてしまうのが現状ですが、学歴が不問の求人は存在しており、学歴のことを気にして応募できなかったかたはチャレンジしてみてはいかがでしょうか。どの職種も採用される基準は実務経験であり、以前に特許技術者の資格を活かしたお仕事をされていたかたは即戦力と判断する会社が多く、採用に至るケースが多いです。また、TOEICの点数を重要とする会社もあり、800点以上あれば高く評価されます。

特許翻訳家の場合、英語はもちろん、韓国語、中国語、ドイツ語などをできるかたは学歴はまったく関係なく、採用されやすいです。特許翻訳家としての実務経験年数が5年以上のかたは面接での態度や履歴書の書き方が問題なければ、ほとんどの場合採用されるといっていいでしょう。最初の月給は低いケースが多いですが、能力が評価されれば、すぐに給料が上がり、年収が1千万円以上のかたも多数存在します。また、文章力が非常に大事な職種であるため、面接時は、文章構成能力があるか、アピールするポイントを選んで書いているかなどを面接官は見ているので、履歴書に問題がないかは何回チェックするようにしてください。

明細書作成経験や知財部経験があるかたは、弁理士になるのがおすすめです。弁理士はどこの会社でも不足していると言われており、弁理士の実務を経験しているかたは、会社が求めている人材と言えます。未経験者でも採用されるケースの高い職種であり、会社側は今現在の知識や経験よりも、後に一人前となってくれるかたを望んでおり、特許技術者の資格を持っていればチャンスは十分あります。特許技術者の資格持っており、別の職に就いているかたは、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。能力次第では高額な年収を得ることができます。

転職は人生の大きな転機です。転職をしたことがないかたは、どのような職種が自分に合っているかわからないかたは、転職を断念するかたや失敗してしまうかたが多いので、よりよい転職先を見つけるには転職支援サイトを活用するのがおすすめです。業界に精通したキャリアコンサルタントが的確なアドバイスしてくれるので、転職に失敗することは少なくなり、良い条件の転職先を見つけることができます。転職する意思があるかたは、登録をしておけば将来的に良い職場を紹介してもらえることもあります。

特許技術者の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 特許技術者求人ガイド【※レアな求人をご紹介!】 All Rights Reserved.