特許技術者の履歴書の書き方

特許技術者求人TOP >> 特許技術者の転職の基礎 >> 特許技術者の履歴書の書き方

特許技術者の履歴書の書き方

履歴書は自分を売り込むプレゼンツールであり、自分のセールスポイントを理解し、作成するのが望ましいです。特許技術者の履歴書の書き方は、読みやすさを心がけることが大事であり、読む側の視点に立った履歴書を作成しないと、何を言いたいのかが明白ではなく、わかりにくい文章となってしまいます。特にお客様と接する機会が多い職種の場合は、お客様に的確に言いたいことを伝える能力は必要不可欠であり、的確に情報をまとめることが良い履歴書の作成方法であり、書きたいことを闇雲に書いたところで面接ではマイナスポイントとなってしまいます。

ご自身の今までのキャリアを振り返り、経験をリストアップするという方法があります。応募したい職種や業種に合わせて履歴書を作成することができるので、非常に便利な方法です。また、「このお仕事でどのようなことができるのか」という点も加味して作成しやすく、多くの特許技術者になるための面接の際に活用している方法です。悪い履歴書の例は、いつ、どこで、何をしたのかが欠けている文章であり、たとえば、パソコンスキルの場合は、ただパソコンスキルがあるという点だけでは説明が不十分であり、パソコンのスキルを身につけてどのような用途で活用していたかまで説明しないと他のかたから見たらわからないものとなってしまうので、注意が必要です。

また、資格をアピールしたい際は、アピールしたい順番に書くのが適切であり、多くの資格を保持していることを書いても、どの資格を一番アピールしたいのかがわからなくなってしまいます。自己PRの部分も間違った書き方をするかたが多く、気をつけないといけないポイントです。書くことがないからといって、白紙のままにしておくかたがいますが、アピールするポイントを分析していないと判断され、印象が悪くなってしまいます。また、強調したい部分は太字で書くという方法もあります。

転職を考えているかたは多いものの、時間がなく、条件にマッチした求人を探す暇がないかたは多数存在しています。非常に便利なサイトは転職支援サイトであり、登録をし、ご自身の希望する職種や条件を入力するだけで、全国各地の求人を見ることができるので、転職者の多くが活用しており、実績があります。また、業界に精通したキャリアコンサルタントのかたに相談することができるので、どの転職先が自分にとっていいのかわからないというかたも安心ですので、お困りの際は活用してみてください。

特許技術者の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2018 特許技術者求人ガイド【※レアな求人をご紹介!】 All Rights Reserved.