特許技術者と弁理士の違い

特許技術者求人TOP >> 特許技術者の転職の基礎 >> 特許技術者と弁理士の違い

特許技術者と弁理士の違い

特許技術者と弁理士の違いを知らないかたは多いですが、業務の違いもちろんありますが、求人の場合でも条件が異なり、弁理士の求人は、経験不問の事務所も多いですが、特許技術者の場合は、実務経験がないかたは採用されるケースは少なく、最低でも実務経験が3年以上ないと採用に至ることは少ないのが現状です。弁理士のお仕事の場合は、今現在の知識や経験が乏しいかたでも、育てるという意味で採用されるケースがある一方、特許技術者の場合は、即戦力を事務所側は求めており、採用されるのは難しいことが多く、実務経験があるかたでも何回も不採用となってしまっています。

弁理士のお仕事は知的財産を存分に活かすことができ、製造メーカーで研究職をしているかたは、面接の際に大きなアピールポイントとなります。また、知的財産管理技能検定の一級と二級のどちらを保持しているかによって印象が異なります。二級の資格を所得するのは難しいことではありませんが、一級の資格を所得するのは並大抵のことではできないことなので、積極的にアピールするようにしてください。

いきなり正社員で弁理士や特許技術者になるのは難しく、派遣で働くという手があります。派遣の場合でしたら、比較的採用されやすく、将来のために活きる知識、経験を得ることができ、面接の際のアピールポイントとなるので、キャリアアップやスキルアップのために派遣のお仕事をするかたが多く、将来を見据えた良い選択と言えます。また、大手の特許事務所のケースは、高学歴のかたがほとんどですので、大手で採用されるには、高学歴が必要であり、学歴がないかたは、書類選考の段階で落ちてしまうことが多いですが、高学歴のかたは十分チャンスがあり、大手の場合はご自身の能力を存分に活かすことができる環境が整っているケースが多いので、ぜひ、参考にしてください。

転職を考えているかたにおすすめなのが転職支援サイトです。お仕事が忙しく、転職先を探す暇がないというかたにも利用しやすい仕様となっており、希望する条件を入力するだけで、該当する求人を一気に見ることができるので、非常に便利です。転職をしたかたで利用していたかたは多く、細かい情報まできちんと載っているので、入社して条件と違ったということは少ないです。転職先を探す際に困った時は、キャリアコンサルタントに相談することができるので、ご自身の能力、職歴などから適切な転職先を紹介してくれるので、転職先に迷うことは少なくなります。

特許技術者の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 特許技術者求人ガイド【※レアな求人をご紹介!】 All Rights Reserved.