特許技術者求人ガイド【※レアな求人をご紹介!】

特許技術者ってどんな仕事?

「特許技術者」あまり耳馴染みがない名称ですが、特許の出願の補助を主に行う仕事です。技術者というだけあって専門的な知識も必要ですので、特許技術者になる為には事前準備も欠かせません。

また、求人も少ないのでタイミングを逃さず応募しないといけません。リクルートエージェントなら特許技術者の求人情報も紹介してもらえますし、求人は随時チェックできるので応募時期を逃すというミスも防ぐ事ができます。

特許技術者の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



マイナビエージェント 無料 全国 詳細



type 無料 東京・神奈川・埼玉・千葉 詳細




キャリコネ 無料 全国 詳細



DODA 無料 全国 詳細



特許技術者の求人事情

特許技術者は特殊な仕事であるため、求人件数は少ないものの、事務職などと比較して、給与や福利厚生などの待遇は恵まれている傾向にあります。募集されている分野も特許事務所のほか、英語力などの語学力、電気や機械関係の分野、IT関連の分野でも人材が求められており、自分の長所を生かして未経験の人でも幅広い業界で活躍するチャンスがあります。非公開求人で募集されていることも多いため、狙いを絞って転職活動をすることがお勧めです。

特許事務所も近年では増えており、特殊な資格や技術がないと、以前のように飛びぬけて高額な給与条件が提示されることも少なくなってきましたが、応募者も厳選されているため、十分に採用のチャンスがあります。未経験者であっても、ある程度専門知識がある、業界経験がある、などのキャリアや資格があれば、採用に結び付くことも十分にあります。また、人物重視、対人能力に自信がある、などの人材も求められる傾向にあるので、社交性がある、多少の困難さにはめげない、などの仕事に意欲がある人は大きなキャリアアップにつなげるチャンスがあります。

求人の時期は大手であれば、新卒と同様に4月の雇用に向けて準備されますが、中規模の特許事務所であれば、欠員の発生や業務が増加したときに急募として募集される傾向があります。事務職などからスキルアップを目指して転職を考えている人や、特殊分野で活躍してみたい、と考えている人にとっては十分にチャンスがあるので、うまくタイミングを捉えて応募することをお勧めいたします。

また、特許技術者として活躍する場合には「どの分野にするか」ということが重要になります。文系、理系の大まかな分類のほかに、各事務所や求人先で専門の知識を求められることが多く「即戦力」として能力を持っていることが求められます。大手企業であれば、新卒や第二新卒、若年者の20代であれば比較的未経験であっても、ある程度の知識や学歴などが評価されて転職が可能なケースもあるので狙ってみるのも一つの方法です。

比較的求人の件数が少なく、倍率も高くなる傾向にあるので、書類選考の時点で、ある程度、他の求職者と差別化出来る資格やキャリア、自己PRが出来ることが採用の鍵になります。また、急募となっている転職先にすぐに応募出来るように転職支援サイトに登録しておき、スムーズに準備が出来るようにしておくことで、無駄もなく確実な転職活動を進めることが出来るので、お勧めです。


Copyright (C) 2014-2017 特許技術者求人ガイド【※レアな求人をご紹介!】 All Rights Reserved.